生理というのは、卵胞が卵胞ホルモンや黄体ホルモンを作り、排卵するよう子宮に働きかけることによっておこるというのが一般的と言えるでしょう。

しかし、ここで勘違いされがちなのは、生理がきている=排卵しているということではないでしょうか。

実は、卵巣というのは排卵がされていなくてもホルモンを作り続けることがわかっており、それによって排卵がない状態でも生理というのは発生することは十分にあり得るということをご存知でしょうか。

こういった状況はあらゆる側面から発生すると考えられますが、主には閉経前によく見られる症状と言われているようです。

つまり、閉経前の数年間は妊娠の難しい時期に突入していると考えられるでしょう。

検査によって閉経の目安が分かるようになっている時代とはいえ、どうしても赤ちゃんを授かりたいと思っているのであれば、できるだけ若いうちから妊活、また不妊治療に取り組むことが賢明といえるでしょう。

メニューを閉じる