肩こりとの付き合い方

肩こりは、健康のバロメーターなどと言う人もいます。肩こりは、血流の悪さからくるものと考えられていますが、血流が悪くなることは、万病の素とも言われています。血流を良くするには、体を温めたり、適度な運動を行ったり、またストレスがかからないような日常生活を心がける。そんなことが、血液の循環につながっているようです。また、日頃の姿勢や、食事のバランスなどの、ちょこっとしたことを変えるだけでも、血液循環を良くする生活につながっていくようです。長時間デスクワークをされる方、赤ちゃんを抱っこする子育てママ、肉体労働される方、激しく運動するスポーツマン、人間は生活の中で、どうしても首や肩に負担がかかりがちですよね。またスマートフォンなどの小さな画面を見て操作するだけでも、肩に力が入っていたり、毎日の台所の作業などを行う際でも、包丁を持っただけでも肩に力が入るものです。肩は凝りたくないですが、日々の仕事や子育て、家事は皆さんが行わなくては誰がこなしてくれるのでしょうか。肩は万人が凝ってしまうものなのですから、日頃からのケアを怠らずに、うまく付き合う方法を編み出して行った方が賢明であるようです。