Uncategorized

妊活と食

妊活中のカップルが、病院などを受診すると、場合によってはドクターから、食生活の見直しを迫られる事もあるかもしれません。受診したドクターの考え方や、病院側の方針などもありますので、全ての病院で、そのような指導があるとは言い切れないのですが、不妊に悩むカップルが、食生活を改善する事は、大切であると考えるドクターは増えてきているようでもあります。現代人の食生活や生活環境が、不妊になり易いといった現状もあるのかもしれません。日常的に気軽に食されているようなファーストフードや加工食品に、多く含まれているトランス脂肪酸などは、出来る限り摂取しないような食生活を心掛けましょう。パン屋さんなどで、パンの種類を選ぶような機会がある時には、なるべく全粒粉などの精製度合いの低い穀類をチョイスすることで、血糖値の急激な上昇を抑えるような働きを得る事ができます。妊活中に摂取する栄養素は、妊娠が成立した際の胎児への栄養素へとも変化するのです。妊活中から、生命を育むのだといった意識を持つ事は、大変たいせつな価値感を生み出すのではないかと考えています。皆さんの生命が、新しい命を宿そうとしているのです。皆さん自身の身体や心を大切にケアする事も忘れないようにして下さい。妊活とは、皆さんの命が、命を育もうとしている試みなのです。そのような考えの元では、命の源となる食物は、とても重要なエネルギーではないでしょうか。