Uncategorized

不妊治療に挑むカップルの心と身体

女性に生まれたからには、母親になりたい、または男と生まれたからには、父親になるべきものなのだと妊娠を願う女性と男性が、定期的にパートナーとセックスをしていながらも、妊娠に至らない場合、その期間が1年以上となるカップルは、「不妊症」であると考えられているようです。日本国内において、不妊治療を行うカップルや、体外受精で誕生する赤ちゃんの割合は増え続けているようです。医療技術の進歩が、不妊治療を可能にしている事もありますが、妊娠を求めるカップルたちの年齢が高齢化している事も、その要因の1つとして考えられているようです。不妊治療においては、妊娠成立までのプロセスの中で、男性側、女性側、どちらに問題が、どの部分にあるのかといったような検査を行っていくのですが、その原因はハッキリとしないような事もあり、子どもを授かりたくとも、授かる事ができないカップルにとっては、常に不安を抱えながらの心身共に苦痛な治療となる事も少なくないようです。治療の中で精神的な不安を抱え、何かしらのバックアップやサポートを必要とする人もいれば、治療方法がフィジカル面でフィットせず、日々の体調不良と直面するような人々もいるような中で、同年代の交友関係のある周囲の友人知人が、出産をする知らせを受ける度に、素直に喜ぶ事ができないといったような、屈折した自分の想いを抱え、誰にも本音をうちあける事ができなくなってしまったというような疎外感を抱え込んでしまうカップルも少なくないのだそうです。